2020/4/22

工場以外での濾過



弊社のろ過装置をご購入いただき、
工場以外でお使いになられている事例をいくつかご紹介します。

標準機で対応できない場合は、設計から行っております。
こんなものを濾過したいんだけどというご相談も引き受けておりますので、
ご遠慮なくお問い合わせください。



アスベスト(石綿)のろ過

アスベストとは、耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に非常に優れ、安価であるため、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されていましたが、石綿繊維を大量に吸った場合に人体に悪影響を与えることが判明したため、アスベストの使用が禁止されました。

現在は、建設資材として利用されたアスベストを除去していくようすすめられております。
そんな、アスベストを建物などから除去する工事にも弊社ろ過装置が使われております。
水を使ったアスベスト除去工事を行うときの排水時などに、水とアスベストを分離するために利用していただいております。



冷却塔(クーリングタワー)のろ過

冷却塔とは、水の蒸発を利用して水を冷却するものなのですが、建屋の規模によりメンテナンスが義務付けられております。
ビルの上によくある大きなタンクのようなものが冷却塔なのですが、弊社でお手伝いしたのは、ビルの上ではなく、屋外の冷却塔で、下にピットがあるタイプ。

義務付けられているメンテナンスとは別に、冷却塔から、建屋内を循環している配管のつまりを防ぐために利用いただきました。
どうしても配管が詰まることがあるようで、修理の際に関連するものが止まってしまうことがお困りだったようです。



建設現場での土砂水のろ過

工事現場など土砂水の処理について定められているようですが、そういった土砂処理とは別に、最近は、住宅地などの建設工事の場合、周辺に土砂をまき散らさないような工夫をされていることが多いようです。

もちろん、もともと土砂水の処理装置などあるようですが、現場周辺に土砂をまき散らさないための用途で手軽に使えるということで、弊社のろ過装置を使っていただいております。





工業用排水の濾過


工場といえば工場なのですが、排水を濾過するお手伝いもしました。

濾過してそのまま排水するわけでなく、現在の排水として捨てられていた水を、例えば洗浄などに使えるレベルに再生したいということで、弊社のろ過装置をお使いいただきました。

昨今は、環境問題が取りざたされておりますので、水の再生といった目的での使用も今後増えていくかなとも思います。



写真はイメージです。
これら事例は、大まかに書いておりますし、補助的な使い方も含まれておりますが、ご興味ありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。


ホームへ先頭へ前へ戻る